英検、TOEICで分からない単語が出てきたら?!

英検

英検やTOEIC、TOEFL問題を解く時、
とても大切なこと、
それは、文意を理解すること です。

英検、TOEIC、TOEFLなどの試験においては、
学校の定期テストなどと違い、
和訳を求める問題は出てきません。

そのため、書かれていることや、話していることを理解することが重要です。

では、英検、TOEICにおける文意を理解するためには、どんなことが必要なのでしょうか?

ここでの1番のポイントは、知らない単語をどのように推測するか、です。

今回は、そのヒントを3つ紹介します。



日常にゴロゴロ落ちている英単語

みなさん、日本語には、沢山の英語がゴロゴロ転がっていること は、ご存知ですか?

ピンと来ないかもしれませんが、
例えば、企業の名前や商品名やCMにも、
多くの英語が使われています。

意味は分からなくても、覚えてしまうフレーズなども、あると思います。

ここで大切なこと。

それは、企業はネガティブな言葉は使わないということ。

どういうことか?

企業CMやキャッチフレーズで、
よく使われる possible を例にとってみましょう。

英検や、TOEICの試験で、下記のような文章が出たとします。

It makes our way of life possible.

「それ」は、our way of lifeをpossibleにした。
というところまでは、分かったとします。

possibleって?
耳にしたことあるけど、意味が分からない
(;_;)ぴぇん

となりそうですが、
もし、あなたがCMやキャッチフレーズで聞いたことがあったら、、
この問題は、0.5秒で解決します。

企業が使う言葉はポジティブ。

と仮定して、「good」に置き換えるのです。

そうすると、先程の文は、

It makes our way of life possible.

=「それ」はour way of lifeをgoodにする。

と、本来の意味と、さほど違わずに解釈することができます。

このように、日常で目にしている単語は、ポジティブな物が多い、

という前提から、大雑把な文意を読み取ることができます。

似ている単語から推測する

日本語と同じように、英語にも、語源というものがあります。

例えば、society(社会)という言葉。

私の小学生の生徒さんが、英検3級を受験する時に、
わかりませんでした。

ですが、小学校では、教科の名前は教えますので、

social studies=社会

ということは知っていました。

この2つの単語socialとsocietyは、似ていますよね?

このようにして、分からない単語を見たとき、

似ている単語を探すことで、ある程度の意味を予想することができるのです。

単語の頭に注目する

例えば、happyとunhappyを見て分かるように、

unには否定的な意味があります。

このように、単語の頭にある文字を見ることで、どんな意味なのか、解釈できる単語が多くあります。

他の例を見てみましょう。

im-
unと同じく、否定的な意味を持つものが、imです。1でも出てきた、possible(可能)にimをつけると、impossible(不可能)になります。

co-
「一緒に」という意味があります。
co-worker(同僚)
(ちなみに、私がco-workerの説明をするときは、
マスオさんとアナゴさんの絵を見せ、
印象付けて覚えてもらいます。)

compassion(共感)
passionは、
熱い気持ちなので、
(もし、分からなかったら、
【パッション屋良】を検索してください。
すぐにイメージが定着すると思います。)

comをつけることで、一緒に気持ちに寄り添う、ということ、つまり、共感、という意味になります。

目次に戻る

もう一度お伝えしますが、英検やTOEICでは、和訳する問題は出ません。

ですので、大切なのは、あなたの解釈です。

学校の定期テストなどでは、いまだに和訳せよ問題も多いので、
この技は通用しないかもしれませんが、

お伝えした3つのコツで、分からない単語が出てきても、
混乱せず、あなたの引き出しを最大限に活かし、文章の理解に繋ぐことができるはずです。

私の印象では、英単語を覚えていなくても英検、TOEICで高得点が取れる人は、

このような、【推測】が上手な人 だと感じます。

このテクニックは、もちろん、資格試験だけでなく、会話でも使うことができる技なので、

十分、活用する価値はあると思います(o^^o)